10年2月3日〔日〕晴れ

興善寺の節分です。

福は内!福は内!鬼はご随意(ずいい)!?」
みなさん ふつう節分の掛け声って「鬼は外!」ですよね? どうして?
鎌倉時代頃、白岡地方を治めていた権力者は「鬼窪氏(おにくぼし)」だったことから
領民は「鬼」(鬼窪の名前の鬼)にも気を使わなければいけなかった。
だから、「鬼は外!」なんて云えなかったそうです。[白岡町観光協会より]

09年1月20日〔日〕曇り

新春の寒い朝、町のマラソン大会が行われました。それぞれ小学生2Km、中学生5Km、高校生以上10Kmのコースを元気良く走り抜けていきました。

08年10月21日〔土〕第五回白岡巡りが行われ80人ほど参加しました。通算5回参加し完歩したのは二人だけで町長賞を貰いました。前回は私の地元でしたが体調不良で参加できず残念でした。
08年10月21日〔土〕

久伊豆神社は「風土記稿」実ヶ谷村の項に「久伊豆社 観音の像を彫りたる円形一尺余の銅鏡ありしが、二十年以前失ひしと云、本地仏〔ほんじぶつ〕なるべし、正徳四年〔1714〕再建棟札の裏に、当社は嘉吉元年〔1441〕草創とあれど社伝はつまびらかならず、されど高麗〔こま〕郡新堀村聖天院に蔵する鰐口〔わにぐち〕の表に久伊豆御宝前云々、武州騎西〔きさい〕郡鬼窪〕〔おにくぼ〕郷佐那賀谷村裏に大工渋江満五郎応仁2年〔1468〕十一月九日とあり鬼窪の名は今伝えざれど佐那賀谷と云ひ且つ久伊豆といえば当社のものとなるべくして、、、云々」と記されている。

この記事に見える正徳四年の棟札は現存しないが応仁銘の鰐口は今も日高市の聖天院にあり、渋江鋳物師〔しぶえいもじ〕の代表的な作例として県指定文化財にもなっている。

08年10月21日〔土〕

小久喜のささら獅子舞は白岡町小久喜地内の久伊豆神社に、文政11年〔1828〕から伝承されています。この獅子舞は大獅子、中獅子、女獅子の3頭立てで構成され、白岡町指定無形文化財第一号です。この舞は悪疫退散や雨乞い、五穀豊穣など民衆の素朴な祈願をこめて行われるものです。獅子舞の種類は宮参りにはじまり、1、初手庭の舞い、2、中庭の舞い、3、弊掛かり、鶴の巣籠りの舞い、4、注蓮古喜、四方巣篭もりの舞い、5、祈祷も舞い等があります。この獅子舞を行うと、雨が降ることが多いことから別名「雨乞いの舞い」とも云われ、日照が続いた時に近くの下沼で雨乞いの舞いをしてかんばつから救われた事が何度かあったようです。

08年10月21日〔土〕

獅子舞、獅子踊りは全国に約八千箇所も分布するわが国になじみ深い芸能です。そのルーツは古代ペルシャにおいて百獣の王ライオンを守り神とし、王の玉座に彫刻され、また城壁にレリーフとして描かれたりするなどしたことに始まります。わが国には最初に推古天皇20年〔612〕に伎楽の一部として中国から朝鮮半島を経由してもたらせました。獅子は昔からその霊力によって、大地に巣くう悪霊を踏み鎮め、平和と繁栄をもたらしてくれる神として人々の信仰を集めてきました。ここにUPした写真は個人で全国、又世界から集めた獅子の一部です。

08年10月15日〔日〕

町のふるさと祭りが行われ色々な売店や不用品交換会などが行われ、又大正琴の演奏、町の小学生によるおはやし会、吹奏楽の演奏などがにぎやかに行われました。美人のPR大使も登場し町のPRに勤めました。

08年9月22日〔金〕

酒酔い運転の事故等いろいろ問題になっている今日この頃です。秋の交通安全運動が始まり町の小学校の生徒による交痛安全の鼓笛隊パレードです。見事な鼓笛演奏をしてくれました。

小学生も一生懸命です。大人も見習いましょう。

08年8月15日〔火〕

白岡高校の創立30周年を記念した同校美術部製作の巨大壁画が新白岡駅東口にお目見えしました。壁画は縦2,1M横10Mで部員20人が7月31日から6日間で書き上げ、町特産の梨が実った樹木を中心にクマやパンダなどの動物、家などをほのぼのとしたタッチでしあげました。

08年7月30日〔日〕

当団地の夏祭りが盛大に行われました。可愛い坊やも参加。

和太鼓の演奏は見事なものでした。動画でUP出来ないのが残念です。

〔旅行中で写真を撮れなかったので昨年の写真を使いました〕

 

08年7月12日〔水〕

東北自動車道沿線の白岡町大字野牛蓮河原〔はすがわら〕から、平成3~4年の土地改良工事で蓮の実が発見されました。その後、稲苗の間から針金のようなものが自生し、近所の農家の浜田巌氏が分けて栽培したうちの一つが繁殖に成功したもの・

葉っぱの先に2箇所の棘があり、花弁も12~13枚と少なく、葉の開く角度が約120度と専門家の鑑定で「大賀蓮」「原始蓮」であるとされ、約1200年前〔平安時代〕の頃の蓮であろうと推測されます。〔白岡町観光協会より〕

08年11月7日

町めぐりで久しぶりに行った高岩公園、けやき並木もすっかり紅葉していました。

08年5月11日

〔忠恩寺〕浄土宗の寺院、鴻巣宿の末寺で高岩覚了院と号す。天喜2年〔1054〕渋江兼重の開基とつたわる。本尊は阿弥陀如来。町指定文化財として、山門、九品仏〔くほんぼとけ、真ん中〕ご朱印状などがあり境内には阿弥陀堂があります。

08年5月11日

〔観福寺〕野牛にある新義真言宗智山派の寺院、第5世良栄が寛永18年〔1641〕に亡くなったという記録が残されているが、由緒は不明。本尊は十一面観音で行其の作と伝えられている。

08年5月11日

白石の肖像画、写真は貼ってありませんが白石堀。新井白石はここ野牛に500石、鎌倉の近くに500石領有していたそうです。

08年5月11日

[野牛久伊豆神社]当社は騎西領48ヶ村の氏神様として信仰の厚かった玉敷神社〔現騎西町〕を勧請したものです。社殿正面に掲げられた篇額は、野牛村の領主白石が奉納したもので、「久伊豆社」の文字は、正徳元年〔1711〕に来日した朝鮮通信使節団の製術官季が白石のために書いたものです。

08年5月11日

古代蓮の池です。1200年まえの蓮の種が見つかりそれを蒔いたら見事発芽し花を咲かせたそうです。今は時期ではありませんのでご覧のとうりですが7月末から8月にかけて見事な花が咲くそうです。来年の時期には是非行ってみたいものです。

08年5月11日

[弁天社]由緒については不明ですが、耕地の氏神として古くから信仰を集めている。馬立では、弁財天のお使いは白蛇なので蛇を殺してはいけないと伝えられています。

08年3月27日〔木〕

篠津、高台橋のハナモモです。黄色い菜の花と白い桜の花が見事に調和し、毎年多くのカメラマンが撮影にきます。

08年2月15日〔金〕

毎年白岡八幡宮の境内で開かれるだるま市です。
だるま屋さんのほかにも露天商が出て賑わいました。
写真の様に大小様々なだるまが所狭しと並べられていました。